主婦が利用するためには

女性が結婚し、フルタイムでの仕事を辞め、家事を主な仕事とすると主婦と呼ばれるようになります。主婦になると、OL時代とは異なり、仕事終わりに同僚と食事をする機会も減り、また、毎日の出勤に必要な洋服を買うお金もかからなくなり、何かと出費は減るものです。

 

その一方で、一家の家計を任された場合、毎月、ご主人の収入の中で上手にやりくりをしていかねばなりません。しかし、突発的な出費や、子供が生まれればそれに係る出費、交際費、様々な局面でもう少しお金があればと感じる事があるかもしれません。

 

そんな時、主婦でも申込できる消費者金融を利用するのも一つの手段です。パートやアルバイトで定期的な収入のある主婦であればもちろん、自身に収入のない専業主婦でも、配偶者の収入÷3>専業主婦の借入額+配偶者の借入額であれば、融資を受けることができます。

 

最大借入可能金額は、本人の返済能力により異なりますが、最大500万円が一般的です。収入のない主婦向けには、100万円程度を設定するところが多いものの、突発的な出費は大概が100万円もあれば十分なものです。余分な借入を控え、借入れたお金も、滞ることなく計画的に返済し、賢く利用したいものですね。

 

ただ、主婦とは言っても専業主婦の場合とパート主婦では話は異なります。パート主婦ならオリックス銀行カードローンで借りることも可能ですので、自身の状況を見ておきましょう。